WeChat/Weixinとは

WeChat/Weixin 概要

中国版LINE LINEは2014年7月から アクセス制限

中国で人気No.1のチャットアプリ
利用ユーザー数は11億人以上!

2011年1月に中国でサービスを開始したWeChat/Weixin(微信)は、中国テンセント社が運営するチャットアプリです。
中国ではスマートフォンユーザーは誰もが使用していると言っても過言ではない程、現在の中国人の生活に欠かせないコミュニケーションツールとなっています。
2011年4月、海外向けに“WeChat(Weixin)”として展開し、テンセントが以前より提供していたインスタントメッセンジャーテンセントQQの発展型として、メッセンジャー機能とソーシャル・ネットワーキング・サービス機能の融合が特徴と評されいます。
現在20以上の言語版があり、200の国と地域をカバーしており、70を超える国と地域でナンバーワンのソーシャルアプリです。

※2016年1月時点

WeChat/Weixinの特徴

  • 登録アカウント数11.2億人
  • 月間アクティブユーザー数9.4億人
  • ユーザーの70%以上が35歳以下
  • 対応言語20以上
  • 低コストで参入可能
  • 訪日中国人ほぼ全員利用
Wechat活用方法をダウンロード資料で確認

Weiboとの違い

情報収集や幅広い情報共有はWeibo(微博:ウェイボー)
親しい友人とのコミュニケーションはWeChat/Weixin(微信:ウィーチャット)

日本国内において、facebook・twitter・LINEが利用シーン毎に使い分けられるのと同様、中国人ユーザーも利用用途によって、ソーシャルメディアを使い分けています。 情報規制の厳しい中国国内では、Weiboは情報収集源としての重要性が高く、多くのユーザーが検索結果や知人・有名人のシェアする内容から情報を得ています。特に海外メディアの閲覧規制が厳しい同国では、海外トレンド・海外観光の情報はWeiboを使って情報収集するケースが多いというデータも出ています。
一方、WeChat/Weixinは日本で使われるLINEと同じように、リアルな友人だけへの連絡手段・情報共有手段として利用されています。
『訪日前にWeiboで情報収集し、WeChat/Weixinで連絡を取り合い、訪日後は両方のメディアで情報を共有・拡散する』という訪日中国人のSNS利用パターンを理解し、正しい環境整備をおこなうことが重要となります。

■WeiboとWeChat/Weixinの違い
Weibo 企業活用イメージ 不特定多数にチラシを撒く WeChat/Weixin 企業活用イメージ 特定ユーザーを会員化する
社交的交流140文字以内の情報を
不特定多数のユーザーに対して情報発信が可能。
閉鎖的交流基本フォロワーまたは特定のユーザーに
対して情報を発信する。
多数対多数発信した情報のコメントを公開し、
同時に多数のユーザー同士で交流が可能。
1対1、1対多数WeChat/Weixinは電話番号と連動しているため、
IDの重要性が高く、
不特定多数のユーザーと交流することができない。
非対等情報の大量発信を目的としているため、
頻度多く情報発信することが可能。
対等双方の同意を得た上で情報発信するため、
情報が届く確立が高い。
Weiboで情報収集、WeChat/Weixinで親しい友達とシェア[ユーザーがよく使う機能][ユーザーがよく使う機能] [ユーザーがよく使う機能][ユーザーがよく使う機能]

Source:CNNIC

■来日前後のWeiboとWeChat/Weixinの使い分け
状態 ユーザー 企業 目的
来日前 訪日前の情報集Weiboを使用 Weiboで情報を拡散 ファンを獲得
行く場所?買う物は?Weiboを使用 Weiboで目玉商品を
アピール
ブランド力向上
来日中 訪日中の連絡手段WeChat/Weixinを使用 WeChat/Weixinで情報提供 利便性の向上
友達との情報共有WeChat/Weixinを使用 WeChat/Weixinで個別の
問い合わせ対応
顧客満足度の向上
来日後
訪日後の感想共有WeChat/WeixinとWeiboを使用 WeiboとWeChat/Weixinから
情報発信
再訪日・口コミの拡散
日本への興味維持WeChat/WeixinとWeiboを使用 WeChat/Weixinファン維持
の情報更新
中国国内からの購買促進
Wechat活用方法をダウンロード資料で確認

WeChat/Weixin(微信:ウィーチャット)活用イメージ

WeChat/Weixinへ質の高いユーザーを集め、
情報の伝達の精度を高めます。

WeChat/Weixinは双方の同意を持ってフォロー関係が発生するため、フォロワーへの情報伝達の確率は高くなります。
しかし、同意を得たフォロワーを開拓するために大きな工夫が必要となるのも事実です。
特に日本企業の場合、中国人ユーザーとの接触機会が少ないため、企業版Weibo(微博:ウェイボー)アカウント(アカウント申請はコチラ)を使って幅広く情報発信したり、店内POPで訪日中国人や在日中国人へ露出するなど、アカウント情報を認知してもらうための対策を施す必要があります。
中国ではごく当たり前の施策ですが、まだまだ日本国内で実施できている企業は少なく、先行すれば一躍目立つことのできる施策ともいえます。
ライバル企業よりもいち早く導入し、早い段階でファンの囲い込みを実施してみてはどうでしょうか。

【量】Weiboで不特定多数のユーザーへ露出
  • Weibo通常投稿

    投稿をおこなうことで
    Weiboからの検索流入UP
    百度へのSEO対策を実施

  • Weibo FEED広告

    FEED広告で
    日本旅行や日本文化に
    関心の高いユーザーへ
    アプローチ

【質】WeChat/Weixinでコアなファンを獲得
  • 店内POP広告

    店内POPからWeChat/Weixinへ
    ファンを集め
    リピートを促進

  • WeChat/Weixin広告

    WeChat/Weixin上に広告を表示し
    直接的にファンを開拓

WeChat/Weixin公式アカウント発行

月4回のPUSH通知

  • セール情報
  • 新店情報
  • イベント
    スケジュール
  • クーポン

など

来店率の高いユーザーを育成

WeChat/Weixin上に
カスタマイズページを設置。
店舗情報・ブランド情報を充実させ、
来店者のユーザビリティを高めます。

Wechat活用方法をダウンロード資料で確認